遺品整理の際のコツ
ホーム > 遺品整理の際のコツ

遺品整理の際のコツ

2017年11月20日(月)1:18 PM

遺品整理は突然やってくるものです。それまで元気だった故人様との突然の別れで気持ちが沈んでいる時でも、なかなかゆっくりと遺品整理の時間がとれないという場合も多いですね。

ものの多さや、リミットがあることでお困りの方に向けてここでは遺品整理のコツについてお伝えしていきます。
すでに直面している方も、思うところがある方もぜひご覧ください。

遺品整理の手順

どこから手を付けていいか分からないという時には、まず手順を確認することから始めましょう。

いつから?

まずは、「いつまでに終わらせなければならないのか」を明確にすることから始めましょう。持ち家なら時間的な余裕がありますが、賃貸物件の場合は作業が長引けば家賃を誰かが負担しなければなりません。
そこで、まずは大家さんや不動産屋さんと退去について相談し、

  • いつまでに退去すれば一番負担が軽いのか?
  • 日割り計算で精算は可能か?
  • 敷金はどうなっているのか?

について明らかにしましょう。
一般的には亡くなった当月中をめどにしますが、事情によって翌月中を目指すのもおすすめです。いつまでにが決まれば、「いつから始めるのか」を決めやすくなりますね。
遺品整理をする方で話し合い、いつなら作業ができるのかなどを調整しましょう。もし、期日までに完了するめどが立たない場合は、遺品整理業者などのサービスを利用するのも得策です。

どのように?

日程が決まったらさっそく作業開始ですが、効率的に作業をすすめるならまずは分類から始めましょう。部屋をまたぐと移動が大変なので、まずは部屋ごとにまとめるのがコツです。
分類は

大型家具・電化製品類

運び出すのが大変な家具や、家電リサイクル法に則り処分しなければならない家電など、粗大ゴミに捨てることのできないものは無理せず業者に依頼しましょう。人数が多い場合には運び出しなどの負担は少ないのですが、日時が限定されるなど時間のない中では大きな足かせになります。

衣類

段ボール箱やゴミ袋などに「衣類」と書いてしまっていきます。着物や故人の愛用品など形見分けするものがあれば一緒にせず分けておきましょう。

寝具

布団やタオルケット、シーツ類など一式集めておきましょう。

キッチン用品・食器類

鍋や包丁などのキッチン用品は燃えるものとそうでないものに分けておくとその後の処分がスムーズです。洗剤や使いかけの食材は地域のゴミの日用の袋に直接入れて指定日にだせば散らかりません。

供養が必要なもの

位牌・仏壇や人形など、生前愛用していたものはそのまま処分するのは抵抗がありますよね。そういったものは、供養してから処分やお焚きあげをするといった方法があります。まずは箱などに納めておきましょう。

貴重品・遺品

宝石類や通帳など遺産の対象になるものを勝手に処分すると、揉める原因になります。まずは保管し、遺書の内容に沿って処分や分配を行いましょう。また、貴重品は遺品だけでなく、書類にも目を配りましょう。賃貸の契約書など手続きに必要な書類など紛失すると厄介なものも多いので紙類は確認してから処分が鉄則です。

処分方法は?

分類したものをどのように処分するか決めていきましょう。分類の時点で持ち帰るものや、廃棄処分するものなど分けておくとさらに便利ですね。

ゴミの日を待てない場合は、自分で処分場へ運び処分することもできます。現地で計量し、量に応じて料金を払うシステムなので、粗大ごみのようにシールを購入する必要はありません。

運ぶ手段がない、人出がないという場合には不用品回収業者などのサービスを利用しましょう。
部屋からの運び出しも行うため、体力的な負担も時間的な負担も最小限に抑えることができます。

遺品整理業者に依頼する前に

部屋の規模や持ち物の多さによっても変わりますが、遺品整理はかなり時間と体力が必要です。負担を感じたらプロの遺品整理業者のサービスを利用することをおすすめいたします。

最近業者は急増しており、それに伴ってトラブルも増えています。依頼する前に信頼できる業者なのかを吟味することはよい遺品整理にするために欠かせないポイントです。
また、どんなものを残したいのかなど、遺品整理に対して望むことを依頼前に相続人で話し合っておくことも大切です。

遺品整理の際の注意点

古ぼけた箱の中から通帳がでてきたり、本の間から現金が出てくることも珍しくありません。ゴミが多く貴重品を間違って捨ててしまうケースもあり、慣れない方にはなかなか難しいのが現状です。どんどん分類していく際も、確認を怠らないよう気を付けましょう。

まとめ

遺品整理のコツについてお伝えしました。葬儀の後はなかなか時間が取れず、業者に依頼する方も増えています。当社は岡山を中心に遺品整理を行っており、多くの方からご依頼を頂くプロ集団です。

故人様に敬意を払いご遺族様に寄り添った、丁寧で配慮のある遺品整理を心がけております。最短30分でお伺いするなど臨機応変な対応も可能ですので、遺品整理にお困りの方はお気軽にご相談ください。

 



«   |   »

対応エリア

対応エリア

「岡山県地域密着!」
岡山市、岡山市北区、岡山市中区、岡山市東区、岡山市南区、倉敷市津山市玉野市笠岡市井原市総社市高梁市新見市備前市瀬戸内市赤磐市真庭市美作市浅口市和気町早島町里庄町矢掛町新庄村鏡野町勝央町奈義町西粟倉村久米南町美咲町吉備中央町

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

Line-QR

▶詳しい流れはこちら

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲