【いよいよ梅雨本番】断捨離こそ、カビ対策の第一歩
ホーム > 【いよいよ梅雨本番】断捨離こそ、カビ対策の第一歩

【いよいよ梅雨本番】断捨離こそ、カビ対策の第一歩

2019年06月07日(金)12:00 PM

カビが好む環境や水回り以外にも

いよいよ梅雨入りですが、この時期に誰もが警戒するのが家のカビではないでしょうか。それもそのはず、気温が20~28度前後で湿度が80%近辺という環境はカビにとって絶好の棲みやすさだからです。
肝心なのは水分をなるべく飛ばすことと、エサになる家の中のホコリや汚れを取り除くことです。普段から条件が揃いやすいキッチンやバスなどは気を付ける人も多いですが、梅雨時期にはそうした水回りに加えてクローゼットや押し入れの中にも注意が必要です。

物の詰め込み過ぎには注意

クローゼットや押し入れで一番良くない環境が、物の詰め込み過ぎです。
収納には入るだけ物をぎゅうぎゅうに押し込んでしまう人もいますが、そうした環境では梅雨時期の湿気が中にこもり、ダニなどの害虫も育ててしまう状況になります。対策としてはとにかく物を少なくして、物と物との間に十分な隙間を作ることです。

断捨離がカビ対策となる

クローゼットや押し入れ、倉庫などの中の物を減らして風通しをよくするだけでも、カビの増殖を減らす効果が得られます。収納量を減らすと言えば断捨離ですが、衛生面から考えてもこの機会に思い切って断捨離をするのもよい方法でしょう。
おすすめは、一度しまい込んであるものをすべて出して、収納の中をキレイに掃除することです。
その上で使うものと使わないものとに分け、使わないものは不用品買取に売ったり、誰かに譲ったり、廃棄したりして処分しましょう。思い出のものは写真に写して、思い出だけを取っておくのも断捨離のノウハウです。
できれば梅雨前に行いたいことですが、梅雨本番になる前に晴れの日を選び、朝から作業するとよいでしょう。
使うものでも、客用の布団や座布団などの布製品は一度すべて日に干して、汚れや水分を取ってからしまうことが大切です。

片付けるときにもひと工夫

せっかく断捨離して物が減ったら、しまうときにも少しずつ工夫をしましょう。
押し入れなら床と壁面にすのこを置いて、空気の出入り口を作るのがよい方法です。
一緒に収納用の除湿剤を置くことを忘れずに、説明書に従って交換するようにしましょう。
洋服ダンスなどは、中をカラにしたタイミングで壁から少しずつ離れた位置に移動し、裏に隙間を作るとよいでしょう。
掃除機のノズルが楽に入る幅にしておけば、これから先もこまめに掃除もしやすくなります。
晴れた日でもどうしても収納の中の湿気が取れにくいようなら、エアコンの除湿を入れたり扇風機やサーキュレーターで風を送ったりするのもよい方法です。



«   |   »

対応エリア

対応エリア

「岡山県地域密着!」
岡山市、岡山市北区、岡山市中区、岡山市東区、岡山市南区、倉敷市津山市玉野市笠岡市井原市総社市高梁市新見市備前市瀬戸内市赤磐市真庭市美作市浅口市和気町早島町里庄町矢掛町新庄村鏡野町勝央町奈義町西粟倉村久米南町美咲町吉備中央町

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

Line-QR

▶詳しい流れはこちら

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲