遺品整理中に現金が出てきた! これって誰のもの?【岡山県真庭市の事例】
ホーム > 遺品整理中に現金が出てきた! これって誰のもの?【岡山県真庭市の事例】

遺品整理中に現金が出てきた! これって誰のもの?【岡山県真庭市の事例】

2019年08月28日(水)3:24 PM

思わぬものが発見されるケースも増えています

遺品整理を専門の業者に行ってもらった結果、タンスや机の引き出しの中から現金]が発見されることも珍しくありません。

また、当社では、神棚やカーペットの下のほかにもゲーム機器の中から見つかったという事例もあります。

そのときの場合、ゲーム機をそのまま買い取ろうとした際に起動ができず、調べてみたら見つかりました。

故人のことをよく知り尽くしている家族であっても現金やお宝を見つけ出すことは難しいのです。

経験や実績が豊富な専門の業者に遺品整理をお願いするとスピーディーに作業を進めることができるだけでなく、思わぬものを発見することができるなど多くのメリットがあります。

また、知識を活かして作業を進めていくため、トラブルなく遺品を整理することができます。

遺品整理を行って発見された現金は誰のもの?

もし、遺品整理を行い現金が出てきた場合、一体誰のものになるのかご存知でしょうか。

業者が遺品を整理していて発見された際には、もちろん依頼主に報告する義務があります。

また、持ち主が既に亡くなっていた場合、遺品の一部となるため、相続する際には相続税を支払わなければいけません。

たとえ少額だったとしても遺産として取り扱われるので、依頼主だけの懐に入れてしまっては大きなトラブルになってしまう可能性もあります。

相続人にあたるご家族がいる場合には、遺産分割協議を行い全員が納得できるように話し合いを行いましょう。

業者が手に入れてしまうことはないのでご安心を!

現在、業者に依頼して遺品整理を行う方が増えています。

遺品を整理していく中で現金が発見されることもありますが、もちろん業者がネコババしてしまうことはありません。

安心して業者に遺品の整理をお願いするなら、スタッフの実績や経験を確認するだけでなく事前に打ち合わせを行い人柄まで確認すると安心です。

遺品にはさまざまなものがあります

遺品を一つひとつ丁寧に整理していくとさまざまなものが発見されます。

衣類や書籍、写真などのほかにも貴金属なども故人の大切な遺品です。

また、テレビや冷蔵庫といった家電も遺品として取り扱われています。

家電を自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用して処分する方もいますが、岡山県真庭市の場合、10kgあたり50円、家電リサイクル法対象品1台につき3,000円ほどの料金がかかります。

大量の遺品を粗大ゴミとして処分すると高額な費用がかかってしまうため、少しでも費用を抑えられるようにお得な方法で遺品を整理することを検討してみるとよいでしょう。

そのような場合、ぜひ当社にお任せください。

 

岡山県内で清掃、不用品回収・買取をご希望される方は、ぜひ「岡山クリーンファースト」にお問い合わせください。

 



«   |   »

対応エリア

対応エリア

「岡山県地域密着!」
岡山市、岡山市北区、岡山市中区、岡山市東区、岡山市南区、倉敷市津山市玉野市笠岡市井原市総社市高梁市新見市備前市瀬戸内市赤磐市真庭市美作市浅口市和気町早島町里庄町矢掛町新庄村鏡野町勝央町奈義町西粟倉村久米南町美咲町吉備中央町

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

Line-QR

▶詳しい流れはこちら

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲