不用品回収を依頼する前に確認すべきポイントを徹底解説します!
ホーム > 不用品回収を依頼する前に確認すべきポイントを徹底解説します!

不用品回収を依頼する前に確認すべきポイントを徹底解説します!

2020年03月30日(月)12:05 PM

ご家庭で処分したい家具や衣類など、スムーズに処分をお願いできる不用品回収。

お電話で依頼するだけで見積り〜作業まで素早くお願いする事ができます。

そんな不用品回収を依頼する前に、事前に確認すべきポイントはあるのでしょうか?

今回は依頼前にチェックすべき箇所について、徹底解説していきます。

依頼前に知っておく事で、作業を素早く終える事ができます。是非ご参考にご覧くださいね!

 

トラックが駐車できる環境か

 

ご自宅の地域によっては道幅が狭く、小さな車や軽自動車でなければ通れない環境である場合があります。

事前のご相談にて、軽自動車しか通れない道幅であれば伝えましょう。

道幅や状況に合わせた車両の手配をお願いする事ができます。

ご相談がなく大きなトラックが来てしまった場合、周辺の駐車場などに駐車し、運び出した荷物を移動する事になりますので、余分な手間と時間がかかってしまう事になります。

結果余分な料金が発生するケースがありますので、あらかじめ自宅前や周辺の道路環境をお伝えする様にしましょう。

また、ご自宅前にトラックを駐車できない場合なども、周辺の駐車場の情報なども合わせてお伝えると、スムーズに運び出しを行えます。

 

搬出の手続きが必要なケースは?

 

マンションや団地、企業が入居するオフィスなどの場合、建物の管理人や管理会社に事前の届け出が必要なケースがあります。

届け出を忘れていた場合などは、当日の作業に遅れが生じる場合があります。

不用品回収を依頼する場合、事前に管理会社などに相談し、必要な許可と搬入経路などを確認しておくようにしましょう。

また、管理人より駐車場所や搬入経路についてご連絡がある場合などは、事前に業者に伝える事をおすすめします。

 

荷物を運び出す経路は大丈夫?

 

不用品を運び出す際の、建物の状況を確認しましょう。

マンションなどではエレベーターのサイズに荷物が入らない場合や、階段の幅が狭く運び出す事ができない事もあります。

家具や家電など大型の不用品の場合、経路チェックは必ず必要になります。

サイズが大きく運び出せない場合は、個別に対応する必要があります。

また、手間や時間が掛かりますので、追加の料金が発生してしまう事もあります。

 

収納家具を処分する際の注意点

 

引出しの付いたたんすや書斎机、食器棚などを処分する場合、中に何も入ってないか確認して出すようにしましょう。

中に貴重品などが入っている場合、運び出す際に落ちてしまうなどトラブルになるケースもあります。

また、業者が持ち出した処分品はすぐに処分されます。

一度回収された不用品は、返品する事ができませんので、引出しの中身は必ず確認するようにしましょう。

 

不用品回収の費用を抑えるコツは?

 

処分をお願いする不用品が決まったら、そのままお願いする事もできますが、料金を安くする方法を考えてみましょう。

不用品の中には、自治体のごみ収集などで処分できるものがあれば安く処分する事ができます。

また、使用頻度が少なく程度のよい衣類や家電などについては、リサイクルショップなどで買取りを依頼する事もできますので、費用を抑える事ができます。

いざ回収をお願いする場合についても、不用品の量によって工夫をすると正確な料金が出やすくなります。

 

処分品の量が少ない場合

 

荷物の量が少ない場合(目安として10点まで)、業者が持ち出す際の荷物については、細かいものは段ボールにまとめておくと楽に作業ができます。

また、衣類や食器、金属類や紙など種類別に梱包されていれば、持ち出す時間を短縮することも可能です。

また、分解できる長いものは小分けしてまとめるなど、これらの準備を事前に行う事で現場作業が短縮され、費用を抑えることができます。

 

処分品の量が多い場合

 

お部屋まるごとや遺品の整理など、まとまった量がある場合などは、個別の内容をお電話で伝える事が難しいケースもあります。

こうした場合、業者が現地で見積りする事が多くなりますが、余裕があれば種類別にダンボール箱に詰めるなどしておくと、作業が短縮できます。

 

岡山近郊にお住まいの方は、岡山県の不用品回収の専門業者「岡山クリーンファースト」にお任せください。

お電話でお見積り、不用品1点からご依頼頂けますので、是非ご相談下さい!

 

岡山クリーンファーストのお問合せはこちら

まとめ

 

今回は、不用品回収を依頼する前に確認すべきポイントについて解説しました。

量が少ない場合、多い場合など不用品の種類や量によって、相談すべき内容は異なります。

いずれの場合も引取り用に用車されたトラックなどで伺いますので、駐車場所などについては調べておく事をおすすめします。

また、荷物を運び出すための動線も、普段生活していても気付かない点が多くありますので、分かる範囲でお伝えするようにしましょう。

荷物をまとめる作業など、あらかじめできる範囲で作業しておく事で、料金が抑えられます。

今回のポイントを参考に、依頼前に不用品の内容チェックしてみる事をおすすめします!



«   |   »

対応エリア

対応エリア

「岡山県地域密着!」
岡山市、岡山市北区、岡山市中区、岡山市東区、岡山市南区、倉敷市津山市玉野市笠岡市井原市総社市高梁市新見市備前市瀬戸内市赤磐市真庭市美作市浅口市和気町早島町里庄町矢掛町新庄村鏡野町勝央町奈義町西粟倉村久米南町美咲町吉備中央町

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

Line-QR

▶詳しい流れはこちら

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲