植木・庭木の処分方法は?放置するリスクも解説
ホーム > 植木・庭木の処分方法は?放置するリスクも解説

植木・庭木の処分方法は?放置するリスクも解説

2023年01月11日(水)9:52 AM

植木・庭木

 

植木・庭木を手入れした際など、あらかじめ処分方法について理解しておく必要があります。

本記事では植木・庭木の処分方法や、放置するリスクについて解説します。

 

植木・庭木の処分方法は?

 

植木・庭木を処分する場合、ゴミとして処分するいくつかの方法がありますのでご紹介します。

 

自治体の燃えるゴミとして捨てる

 

植木・庭木を伐採した後であれば、自治体の燃えるゴミとして捨てる方法があります。

この時、枯れてしまった植木・庭木も燃えるゴミで処分できます。

伐採した植木・庭木を自治体が指定するポリ袋に詰めて、所定の日に出すので手間はかかりません。

ただし伐採が終わっていない場合や、自分で伐採することが難しい場合は他の方法を検討しましょう。

 

費用の目安 

 

  • ・ゴミ袋代 : 300〜500円
  • ・ノコギリ : 1,000円程度
  • ・チェーンソー : 10,000円程度

 

ゴミ処理センターへ持ち込む

 

伐採した植木・庭木の量が多く、燃えるゴミの収集日まで待てない場合にはゴミ処理センターに持ち込み処分する方法もあります。

ゴミ処理センターは自治体ごとに「環境事業所」「エネルギーセンター」など名称が異なり、市町村でゴミの持ち込みが許可されている施設です。

ゴミ処理センターへの持ち込み処分では車両の手配や運び出しに手間がかかりますが、多くの量を一度に処分したい場合に有効な方法と言えるでしょう。

 

  • ・費用の目安 : 約100〜1,000円

 

伐採専門の業者に依頼する

 

植木・庭木の伐採を専門に請け負う業者は各地にあり、料金は掛かりますが手間はかかりません。

自分で伐採ができない場合や、これから伐採する際などに専門業者に依頼するかを検討してみましょう。

 

  • ・費用の目安 : 約10,000円〜

※伐採する植木・庭木の量、業者ごとに費用が異なるため、見積りを依頼しましょう。

 

不用品回収業者に依頼する

 

伐採した植木・庭木を手早く処分したい場合、不用品回収業者に依頼する方法もあります。

他の処分方法と異なり、ゴミ袋に詰める作業や植木・庭木を細かく切り分ける必要がないのはメリットでしょう。

また、量がある場合など積み込み作業も依頼できます。

費用はかかりますが、手間をかけず回収できる方法として検討してみましょう。

 

  • ・費用の目安 : 約20,000円〜(軽トラック依頼時)

※業者や量により異なりますので、見積りを依頼しましょう。

 

リサイクルショップに処分を依頼

 

最近のリサイクルショップでは、植木・庭木を持ち込み処分を依頼できる店舗もあります。

リサイクルショップでは、植木・庭木を回収後工場で粉砕しペレットやチップと呼ばれる小さな木片に加工され、リサイクルされます。

ペレットやチップはリサイクル製品の紙や燃料として利用されます。

植木・庭木の伐採時、エコに貢献した処分を検討する際は、リサイクルショップに問合せてみましょう。

 

自分で販売する

 

最近ではDIYやキャンプが流行しているため、木材を求めている方も増えてきています。

ネットの掲示板やフリマアプリを活用し、木材の状態や種類を相談のうえ取引きする方法もあります。

とくに希少な種類の木材がある場合は、高額で販売できる可能性があるため、買取業者に査定を依頼してもよいでしょう。

 

植木・庭木を処分する際の注意点

 

植木・庭木を処分する際の注意点がありますので、いくつかご紹介します。

 

伐採後放置するリスクについて

 

植木・庭木を伐採した後放置してしまうと、葉が枯れてしまい処分に大変手間がかかります。

また、枯木は時間が経つとシロアリの住処となるケースもあるため、発生した場合自宅に大きな被害が発生することになります。

このため植木・庭木は伐採後すぐに処分することを心掛けましょう。

 

大きい庭木の伐採の伐採・処分

 

幹の太い大きい庭木を伐採・処分する場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

伐採時、自宅に倒れ被害が出る、隣家に倒れるなど大きな事故に繋がる可能性があります。

このため大きい庭木は自分で伐採せず、プロに依頼するようにしましょう。

 

風習・供養などの方法を知る

 

日本では古木には精霊や神が宿ると考えられています。

このため地域によっては庭木の伐採・伐根の際お清めや供養が必要とされるケースもあります。

こうした儀式について自分や身内間でお清めや供養がとくに必要がないと考えている場合は、とくに気にしなくてもよいでしょう。

しかし、家族や親戚の中に風習や供養を重んじる方がいる場合は、事前に相談の上伐採、処分することをおすすめします。

 

このように植木・庭木を処分する際は注意が必要な事柄もありますので、事前に確認の上進めていきましょう。

 

岡山クリーンファーストにお任せください

 

岡山市近郊で植木・庭木の処分をお考えの際は、岡山市の不用品回収専門業者「岡山クリーンファースト」にお任せください。

岡山クリーンファーストでは、初回のご連絡時に概算見積りをお伝えし、最短30分ほどでお伺い、スムーズな回収をご利用頂けます。

また、大量の植木・庭木の処分時にご利用頂ける「トラック積み放題」プランもご用意致しておりますので、是非お気軽にお声がけ下さい。

3つのトラック積み放題プラン

まとめ

 

今回は、植木・庭木の処分方法や、放置するリスクについて解説しました。

植木・庭木の処分方法では、処分する量や手間を考え最適な方法を検討してみましょう。

また、処分時の注意点についても充分ご注意の上進めるようにしましょう。

植木・庭木の処分は、岡山クリーンファーストに是非お任せください。

 

関連記事

不用品を処分するコツを解説!処分前に知っておきたいお得な情報

不用品回収のパック料金は本当にお得なのか?単品回収と徹底比較!



«   |   »

対応エリア

対応エリア

「岡山県地域密着!」
岡山市、岡山市北区、岡山市中区、岡山市東区、岡山市南区、倉敷市津山市玉野市笠岡市井原市総社市高梁市新見市備前市瀬戸内市赤磐市真庭市美作市浅口市和気町早島町里庄町矢掛町新庄村鏡野町勝央町奈義町西粟倉村久米南町美咲町吉備中央町

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

Line-QR

▶詳しい流れはこちら

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲