遺族に遺品整理をさせたくない。終活に必須の断捨離のポイント【終活編】
ホーム > 遺族に遺品整理をさせたくない。終活に必須の断捨離のポイント【終活編】

遺族に遺品整理をさせたくない。終活に必須の断捨離のポイント【終活編】

2019年09月28日(土)11:58 AM

遺品整理とは故人の生きた証

遺品整理は人生において避けては通れない、誰にでも訪れること。亡くなった方が残した品を整理し原状復帰することを遺品整理といいますが、亡くなった方が残したものを単にゴミとして処分するわけではありません。というのも、誰しも想い入れのあるものが存在しており、それは形見として譲り受けたり、ご供養したのちに処分したりと適切な方法で扱う必要があるからです。また、遺品は亡くなった方の生きた証であり、亡くなった方と残された遺族との唯一ともいえる大切な接点にもなります。実際、自分の想い入れのある品を、適当に扱われてしまっては、亡くなった方とはいえ、遣る瀬無い気持ちになるはずです。
本来であれば、亡くなった方にとっては遺族が処理してくれた方が嬉しいかもしれません。しかし、なかなか遺族が行うのは難しいというのも原状としてあるかもしれません。特に仏壇や手紙、写真といったものは、肉親であっても扱いが難しく判断に困るもの。そんなこともあり、遺族は遺品整理を専門に扱う業者にお願いするのも1つの方法です。

遺族に遺品整理をさせたくない場合は遺品整理業者へ

遺族側にとって遺品整理は遺品整理業者に頼みたいと考えている方は多いかもしれません。しかし、自分の死期を悟った方にとっても遺品整理業者を利用するのは有用な手段です。実際、遺族には見られたくないものがあったり、自分が亡くなった後のことを遺族に任せるのは申し訳ないと考えている方も多いでしょう。また、パートナーが高齢であったり身体的に遺品整理が難しいと考えている場合もあるでしょう。
先ほどあげたようなニーズがある場合はもちろんですが、遺族に時間や体力を使わせてしまうのは気が引けるという想いもあるかもしれません。遺品は大きな荷物まで含まれている場合があるので、家具などの処理は遺族にとっても大きな負担になるかもしれません。特に遺族が女性や高齢の場合は大きな荷物を運ぶのは困難です。さらに、遺品の分別や解体作業、リサイクルなど思った以上に重労働になってしまう傾向にあります。そんな時には事前に遺品整理業者に依頼してみましょう。

遺品整理業者とは

その名の通り、遺品を整理することを仕事にしているのが遺品整理業者。これは公的な資格ではないので、資格や免許などは不要で誰でも開業することができます。しかし、ある特定の作業に関しては必要になる資格がありますので、遺品整理業者に遺品整理をお願いする際には注意する必要があります。先ほどお伝えしたように、遺品は亡くなった方の唯一とも言える接点であり、故人の生きた証でもありますので、該当する作業に関しては無資格の業者には、お願いしたくないかもしれません。その際に確認しておくべきは、

  • 遺品整理士
  • 一般廃棄物収集運搬許可証
  • 古物商許可証

以上の3つの資格・許可証を有している業者です。

遺品整理士認定協会の認定資格である遺品整理士

こちら遺品整理士は、一般社団法人・遺品整理士認定協会の認定資格です。こちらは遺品整理に必須の資格というわけではありませんが、この資格を有している業者であれば安心して遺品整理を任せることができるでしょう。認定には法令に該当する廃棄物処理方法を始め、遺品取り扱い、それらに関する法律の認識が必要で講義に合格した場合にのみ資格が与えられます。

一般廃棄物収集運搬許可証

家庭の一般的な廃棄物を回収することができる一般廃棄物収集運搬許可証。こちらは日常的に発生する不用品を回収することをメインにした許可証です。実際、こちらに関しては各市区町村によって許可されるものになるので、市区町村の方に問い合わせるのも1つの方法です。

古物商許可証

こちらは直接関係ないように思われるかもしれませんが、遺品には骨董品のような古物に該当する品が含まれていることがあります。その際には、古物商許可証を有している業者にお願いして遺品を売却するのも1つの方法です。

就活には早めの断捨離を

遺品整理のことを別名、終活と言います。遺品整理業者に依頼するのも1つですが、それを並行して進めておきたいのが断捨離。様々な理由で遺族には遺品整理を任せたくない場合、早めに自分で断捨離しておきましょう。断捨離のポイントは3つです。

ポイント1 閉まってあるものを全部出す

家の中には不要なものがたくさんあるのではないでしょうか。断捨離は閉まってあるものを表に出すことがスタートです。出したものを客観的にみてみましょう。

ポイント2 換金する

表に出したもの中には捨てるには勿体無い換金できるものもあるかもしれません。そんな時はリサイクルショップやフリマアプリなどで売却してしまいましょう。遺族にとっては捨てることのできないものでも当人がリサイクルショップやフリマアプリなどで換金してお金にしてしまえば遺族もありがたいはずです。

ポイント3 迷ったら捨てる

思い出の品というのは、なかなか捨てられないもの。遺品整理という意識を持って遺族が困らないように迷ったら捨ててしまいましょう。本当に必要なものであれば迷うこともないはずです。これらの断捨離を行なった上で遺品整理業者にお願いするのが費用的にはベストです。

岡山県内で遺品整理をご希望される方は、ぜひ「岡山クリーンファースト」にお問い合わせください。



«   |   »

対応エリア

対応エリア

「岡山県地域密着!」
岡山市、岡山市北区、岡山市中区、岡山市東区、岡山市南区、倉敷市津山市玉野市笠岡市井原市総社市高梁市新見市備前市瀬戸内市赤磐市真庭市美作市浅口市和気町早島町里庄町矢掛町新庄村鏡野町勝央町奈義町西粟倉村久米南町美咲町吉備中央町

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

Line-QR

▶詳しい流れはこちら

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲